みなさまの、美しい笑顔に貢献できる歯科医院をめざします。

 インプラントシミュレーションシステム -シムプラント Simplant-

現在、インプラント治療を安全確実に行うためにCTを用いた画像診断が欠かせないものとなっています。CT画像を利用して、インプラントの治療計画を正確にシミュレーションするソフト、それがシムプラント(Simplant)です。
このシムプラントでは、インプラントの埋入方向だけでなく、骨質(インプラントの手術に際して重要な情報となります)、骨の厚み、将来的なかみ合わせのシミュレーションをすることが可能です。

シムプラント(Simplant)

レントゲン写真とシムプラントの比較

  レントゲン写真 シムプラント
骨の高さ △ 症例によって判断可能 ○ 判断可能
骨の形態、断面 × 判断不可能 ○ 判断可能
骨質 × 判断不能 ○ 判断可能
シミュレーション △ 大まかに可能 ◎ 可能
インプラントの傾斜も可能
3D画像の表示 × できない ○ 可能
顎の骨の神経、空洞の表示 △ 症例によって判断可能 ○ 判断可能

シムプラントの欠点

1.  費用がかかる (CT撮影料、データ変換料など)
2.  CTを撮影できる病院に行く必要がある
3.  期間が必要  (データ処理のため2週間必要とします)

ひろ歯科クリニックではインプラント治療を安全、正確に行うために、インプラント治療を計画する時点で、みなさんにSimplantによるインプラントシミュレーションをお願いしております。

シムプラントの検査の流れ

1. カウンセリング

インプラント治療のカウンセリングをさせていただきます。
この際に、口腔内の審査(歯周病、虫歯のチェックなど)、レントゲン撮影、口腔内の型取りを行います。

インプラント治療を希望された場合、いよいよシムプラントの検査を進めていきます。
なお、カウンセリングの結果、義歯、ブリッジなどの方法を希望された場合、ご希望の治療法を行います。

2. CT撮影用のステント作製

口腔内模型をもとに、理想的なかみ合わせ作るために、どのような方向にインプラントを埋入するべきか検討します。そして、CT撮影の際に理想的なインプラントの位置、方向がわかるようにステントを作製いたします。このステントを装着した状態でCTを撮影します。
5-2.jpg
白くなっている部分が、CT撮影後のデータに反映され、将来的なかぶせ物やインプラントの位置決めに役立ちます。また、手術の際にインプラント埋入の位置決めに役立ちます。

3. CT撮影

当医院にてCT撮影を行います。
CT撮影費用・CTステント作製費用・カウンセリング費用込みで 15,000円~
CT撮影に関しての詳細はコチラ

4. インプラントシミュレーションならびにカウンセリング

撮影したCTデータをもとに、シムプラントを使用したインプラントシミュレーションを行います。
これにより、インプラントが可能か、どのようなかぶせ物が可能か?などをご説明させていただきます。

5-3.jpg