みなさまの、美しい笑顔に貢献できる歯科医院をめざします。

 インプラントシミュレーションシステム -シムプラント Simplant-

インプラント治療を安全確実に行うためにCTを用いた画像診断が欠かせないものとなっています。CT画像を利用して、インプラントの治療計画を正確にシミュレーションするソフト、それがシムプラント(Simplant)です。
このシムプラントでは、インプラントの埋入方向だけでなく、骨質(インプラントの手術に際して重要な情報となります)、骨の厚み、将来的なかみ合わせのシミュレーションをすることが可能です。


CT撮影時にステントを用意し、装着した状態でCTを撮影します。

CT撮影に関しての詳細はコチラ


インプラントを埋入したい方向、骨の断面、骨の硬さ、周りの神経、空洞などの位置関係が判断できます。

レントゲン写真とシムプラントの比較

  レントゲン写真 シムプラント
骨の高さ △ 症例によって判断可能 ○ 判断可能
骨の形態、断面 × 判断不可能 ○ 判断可能
骨質 × 判断不能 ○ 判断可能
シミュレーション △ 大まかに可能 ◎ 可能
インプラントの傾斜も可能
3D画像の表示 × できない ○ 可能
顎の骨の神経、空洞の表示 △ 症例によって判断可能 ○ 判断可能

シムプラントで作製した、データをもとにインプラントの手術時に使用する、サージガイドを作製することが可能です。これにより、より一層、安心、安全なインプラント治療が提供することが可能になります。

サージガイドの詳細に関してはコチラ