入れ歯でお困りの方へ(インプラントオーバーデンチャー)

インプラントを利用して、入れ歯を安定させることもできます。

 

こんなかたにオススメです

 

入れ歯がよくかたつく、はずれる
入れ歯でよく噛めない
入れ歯を使っていると痛みがでやすい

 

メリット


  • 通常のインプラント治療に比べて、インプラントの本数を少なくすることができます。
  • 結果として、手術の負担や経済的な負担を少なくできます。
  • 入れ歯がはずれたり、食事や会話でストレスを感じることが少なくなります
  • 入れ歯がかたつかないため、顎の骨の吸収を抑えることができます

 

デメリット


  • インプラントの本数が少ないため、インプラントのトラブルが起こると通常の入れ歯と変わらなくなり、噛みにくくなります。
  • しっかり噛めるようになるため、入れ歯の人工歯の摩耗や、入れ歯の破折がおこりやすくなります。これは、金属床のように強度のある義歯を作ることで解消されます。
    (ひろ歯科クリニックではインプラントの保護ならびに、義歯の破折を防ぐために金属床をお勧めしております)
  • 取り外してお手入れする必要があります。

 

特に下顎の無歯顎(歯が無い場合)の治療法として、広く認知されております
 

1. ロケーターシステム

 
ロケーターシステム
下顎の総入れ歯の場合、インプラントを2本埋入して、ロケーターで固定することで、入れ歯のぐらつきをおさえることができます。
食事や、会話の入れ歯の動きを気にすることが少なくなります。

2. マグフィットシステム

 
2、マグフィットシステム
ご本人の残っている歯を利用した部分入れ歯や、上顎の総入れ歯の場合、義歯の安定が期待できます。