みなさまの、美しい笑顔に貢献できる歯科医院をめざします。

 ショートインプラント、傾斜埋入

インプラント治療を考える際に、インプラント埋入に必要な骨の厚み、高さが必要となります。骨の高さや、厚みが足りない時によく行われるのが骨移植です。
しかし、骨移植にもデメリットがあります移植した骨が100%付くわけではない、手術が1回増える、治療期間が長くなる、などがあげられます。実際、「骨移植が必要です」と言われたら、インプラント治療をあきらめる方も多いと思います

では、骨のない方はインプラント治療をあきらめた方が良いのでしょうか?
この答えの一つがショートインプラントの活用と考えています。

インプラント治療を考えたとき、下顎の骨で推奨されていた10mmのインプラントの埋入をするには13mmの骨を必要とします(骨の中の神経を傷つけないために余裕を持った治療計画を立てるためです)。もしも骨が10mmしかなかったらどうすればよいのでしょうか?このような時にショートインプラントを使用します。

当クリニックで使用しているブローネマルクインプラントシステムでは7mmのインプラントからラインナップがあります。つまり、骨の高さが10mmしかない方でも骨移植をすることなくインプラント治療を受けていただくことができます

成功率はどうでしょうか?10mmのインプラントの5年成功率が95%、7mmのインプラントの成功率が94%という統計があります。ともに90%を超えているわけです。つまり7mmのインプラントの成功率は十分に許容されるものと考えられます。また、骨移植がないことにより治療がシンプルになり、治療期間も短期間にすることができるのです。

骨移植とショートインプラントの比較

  骨移植 ショートインプラント
治療期間 △ 移植した骨が生着するまで待つ必要がある (症例によります) ○ 移植をしないために待機期間は通常のインプラント治療と変わらない
成功率 △ 感染などにより、移植した骨が生着しないことがある ○ 通常のインプラントと比較して遜色ない
テクニックによる影響 △ 術者の技術、患者さまの骨の状態で左右されやすい △ 骨の硬さに応じたインプラント埋入が必要
予後 △ 将来的に移植した骨の吸収がおこりやすい △ インプラント周囲の骨の吸収による影響がある
費用 △ 一般的に骨移植の費用を別途必要とする ○ 通常のインプラント治療と変わりない

インプラント体験談