みなさまの、美しい笑顔に貢献できる歯科医院をめざします。

 安全なインプラント治療をめざして

インプラント治療での手術時の問題、事故などが報道されているからか、
「より安全な手術を求める声が増えている」と感じます。
ひろ歯科クリニックでは開院当初より、CT撮影を行い、インプラントのシミュレーションを行ってから手術をしているため、大きな事故を経験しておりません。
しかし、最近ではさらに踏み込んだ安全性を求める患者さまが多いと実感しております。

一つは、インプラントの埋入ポジションならびに方向への信頼性です
これは、インプラントシミュレーションの説明の際に「このパソコン上でのインプラントの位置は、手術の際にどれぐらい再現できるのですか?」と質問されることが増えてきました。もちろんCT撮影の際に使用したCTステント(インプラントのポジションがマークしてあるもの)を手術の際に使用するように修正して用意しているのですが、フリーハンドなので、やはり多少のずれは避けられないと思います。それをお伝えしたうえで、「サージガイド」のご紹介をさせていただくと、ぜひ、それを作ってほしいとリクエストされることが増えてきました。
これは手術時間の短縮にも大いに貢献していると思います。
(インプラント手術の際に、どれぐらい時間がかかりますか?とよく聞かれますが、「2本程度であれば、1時間ぐらいです。」とお答えすると、意外に短時間でできるのですね。と感心されます)

001.jpg


CT撮影時に使用したステントを手術用に修正したものです。
(ステント:CTに写りこむ造影剤を塗布したマウスピースのようなもので、インプラントの埋入方向や位置を診査するために使用します)
002.jpg

矢印の部分にドリルを入れて、インプラントを埋入する穴を形成していきます。
どうしても、位置のずれ、ドリルの傾きが出てしまいます。
また、骨の状態によっては、ドリルを傾斜してインプラントを埋入する孔を形成しなくてはいけないのですが、目分量、骨を見て方向を決めるという、ズレの要素を含みます。

シムプラントのデータから作製した「サージガイド」です
003.jpg

イメージとしては、CTデータから3Dプリンターを利用して、インプラントの位置を再現して、インプラントを埋入する穴を形成する場所に、使用するドリルとほぼ同じ大きさのチューブを入れているので、ドリルの方向に与えるずれは最小限にすみます。

写真を見ていただければ、どちらが、より正確な手術を可能にするかは一目瞭然だと思います。
もう一つは、インプラントの手術の際の骨を削る深さのコントロールです。
これも、インプラントシュミレーションをお見せしているときに「下あごの骨の中を走っている神経と、インプラントの先の部分とで余裕が2mmしかないみたいなのですが、大丈夫ですか?」と質問されることが増えてきました。確かに神経を傷害してしまうと知覚麻痺、もしくは神経異常をきたしてしまうので、それは避けたいところです。これに対しても、「ドリルにストッパーをつけて手術しますので、かなりコントロールできます」とお伝えすると納得され、「便利な道具があるのですね」と感心されます。


私としては、できるだけ手術の成功率も上げたいですが、それ以上に事故を起こさないことに気を使っています。特に今回取り上げさせていただいたサージガイド、ドリルストップは事故を回避するためには重要なツールとなると実感しております。
これからも、「安全な手術」を心がけていきたいと思います。

ドリルストップ

インプラント埋入のために、形成するドリルにドリルストップを装着することで、
所定の深さ以上にドリルで骨を削る心配はない。
(骨の形態によっては、深さの微調整のために、ストップをはずしてドリルを追加する必要があります。)

004.jpg
ドリルにストッパーを付けることで、
ドリルの深さをコントロールします。

005.jpg
インプラントの長さにあった、
ストッパーの装着システム。
ストッパーの深さの誤差を軽減します。